iPhone7sアプリの開発環境

subpage01

iPhone7sアプリはMacでXcodeを利用することが必要でしたが、サードパーティ製の開発環境が揃ってきたこともあり、Mac以外でも開発が可能になってきています。



サードパーティ製の開発環境はゲームに特化した物が多いですが、実用アプリの制作でも利用できる汎用タイプも多数発表されています。

iPhone7sアプリでゲームを作るならUnityかUnrealengine、cocos2dなどが利用できます。
どの開発環境も1つのコードから多数の携帯端末向けにアプリを作れる仕組みとなっています。
マルチプラットフォーム対応の開発環境は端末毎にアプリを作る必要がなく、工期の短縮、またゲームの中身に時間を集中できることから大変好評です。

goo ニュースに関する情報が満載です。

また、統合開発環境となっていることが多く、キャラクターのアニメーションやUIの作成が簡単に行えるような仕組みがあります。

iPhone7sアプリのうち実用性を求めるならXcodeやPhonegapなどの開発環境が利用されることが多いです。

XcodeはiPhone7s用のアプリを作るだけですがPhonegapはマルチプラットフォーム対応です。



さらにPhonegapではHTML5でUIを作り、Javascriptで動きを付けられるので主にWEBサイトを作ってきた方々に人気がある開発環境です。